01生命保険ズバリ講座
閉じる

■■■代理店/FP/生保職員からのお便り2■■■


アドバイスを頂き、すっきりしました(1)
●国内B生命 S・K

生命保険入社4年目です。営業職だから売上が大事なことはどんな会社も同様だと思います。
しかし、重大月には毎回新規定期付終身保険を「一人2件以上は売れ」との会社の大号令の元、できない時は自爆することもありました。できない自分の力不足が悪いのだから仕方ないことだと割り切っていました。

先輩に聞いても「仕方ないのよ」とのことでした。

今回このサイトを見て、感じることがあり、「生保職員の相談メール」にて相談させて頂きました。
その際、代表の方より「貴方は営業所やチームの数字分担のため自爆して、身銭を切りました。一方で会社は貴方に何をしてくれましたか?労いの言葉の一つでもありましたか?仕事は儲けるためにしているのですよ。自分ではなく会社の数字合わせのために、自爆という無理は全く意味がない!!もし、1件未達ならその現実をそのまま受け入れ、もしそれで上司に叱られるならそれでいいじゃないか。無理をするのは本来の仕事の中で無理をすればいい」とアドバイスを頂きました。
普段のお客様対応を夢中でやっていく それ以外に余計な事は考えまいと少しだけ気分が晴れました。

●国内A生命  W・H

入社5年目です。朝礼で、生命保険の売上報告の際も、すごいプレッシャーを掛けられて、すごく嫌なのですが・・・。新人採用も同様で、採用人数を各チームに割り振られていて、強制されることがもっと嫌です。
普通の会社は本社の方で、採用募集広告したりするのに、何で国内生保は生保職員に採用を押し付けるのか?採用しようとすると、どうしても友人になりますが、こんなキリキリした職場に、友人を連れてきたくないのです。

営業部長に「何で、採用を会社がしないで、私たちがするのですか?」と聞いたら
「公募だと、どこの誰かもわからない人が来る可能性があるんだよ。生保は金融機関だからいい加減な人だと困る、ちゃんとした人を採用するためなんだよ。それと採用広告のコストを削れるので、その分を生保職員の給料として上乗せできてるんだ。」との答えでした。一応、納得できたのですが、他の意見を聞きたくて、このサイトに相談させて頂きました。

この生命保険職員ページのホームへ FPイチローさんの見解は
「コスト削減というのは、その通りです。ただ、それが皆様の給与に上乗せされているかは別ですが・・・。」
「ちゃんとした人を採用したいからと言うのは詭弁ですね。実際、貴方の営業部にも金融機関に相応しくない新人さんは何人かいませんか?」
理由は2つ
・ 公募ではイメージの悪い生保営業に、人が集まらないのです。その証拠に新聞の折込求人の生保欄は、簡単なパソコン入力とか、生保事務だけとか、勉強して頂ける人とか。みんな生保営業を霧に巻いた表現を使っているでしょう。集まらないからです。
・ 各営業部長の組織運営力が乏しいので、既存職員の友人を連れてくる方式の方が、一般では非常識な組織運営(賞金をちらつかせてのノルマ制度、吼えまくる朝礼等々)を強いるのに、一般公募の人では、反感がでることも職員の知人だと、し易いのです。よく新人さんと導入者を「親・子」のように呼ばせているのもそのためです。

その上でのアドバイスは明解でした。
採用ノルマのために、友人に嘘を言わない。それだけです。
営業部のありのままを友人に伝えればいいのです。その上で友人が、仕事をしたいなら応援してあげればいいのです。取り繕って、事実を曲げて友人に言うことで、友人関係が壊れることもありますよね。もし、それで採用ノルマが達成できないとしたら
それはそういう営業部環境を作っている当該営業部長の責任です。貴方が気にする話ではありません。私の後輩の営業部長(現在も国内生保の営業部長)はその辺がすごく解って、組織運営をしているので、どこに赴任しても人員を倍増して、本社表彰を毎年受けています。できている人はできているのです。

とのアドバイスを頂き、今は営業部長に「何でまだ採用0名なんだ!!」と怒られても心の中で「おまえにリーダー力、人間的魅力がないからできないんだよ!」と思え幾分ストレスは前より薄れました。ありがとうございます。

アドバイスを頂き、すっきりしました(2)

●国内B生命 m・y

生命保険入社9年目です。私も朝礼で聞いた「飯塚みどりさんの活動手帳」の話があったこと、そしてその話を上司がどんな場面でしたかということが上司を測るものさしであることに感動しました。
今の上司はいつも偉そうにして嫌な奴です。この「上司を測るものさし」により、瞬時に今の上司は、駄目上司だと確定できすっきりしました。
ちなみに入社以来の過去の4人の上司も全員駄目上司だったみたいですね。

アドバイスを頂き、すっきりしました(3)

●国内C生命 k・c

生命保険入社2年目です。
私はこの会社に入社して、びっくりしていることがあります。
何と営業所の営業部長(男)とAさん(女、入社5年くらい)が男女の関係であるというのです。しかも営業所の職員のほぼ全員がウスウス気付いている周知の事実だというのです。なのにみんなは騒がず、普通に仕事しています。さらに二人とも家族持ちなのです。
 先日、リーダーである先輩に「何でみんな黙っているのですが?」と聞くと、びっくりする答えが返ってきました。「別に証拠を掴んでいるわけでないし・・・」「あなた、営業部長が好きで焼きもちやいてんの?」という呆れたことを逆に言われました。この職場の人達の感覚は麻痺していると思うのですが・・・。それとも私が気にし過ぎなのですが?

FPイチローさんより
「仕事自体は好きであるなら
まずは何よりも自分が儲けることのみを考えて、仕事をしよう!結局は外にいるお客様対応が仕事なんだし。営業部長は1,2年で替わるし、そういう輩はレベルの低い連中だ。関わらないで、自分自身が誇りある行動すればいいんだよ」等々の話をして頂きました。

因みに証拠写真かなんかを本社に送りつければすぐ飛ばされるそうです。

この生命保険職員ページのホームへ

 

 



閉じる

Copyright (c) 01SeimeiHoken ZUBARI Kouza, 2004
Powered By 01ストリーミングプロジェクト